読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

調子悪い時に、4つのかんたんリフレッシュ法

f:id:kurumi-botan:20170302234700j:plain

 

 

今日は朝からなんか調子悪いなぁ~

・・・と思って仕事をしてると

状況はさらに悪くなり

なんだか同僚ともギクシャクしちゃって

徐々に顔が引きつり気味に

 

そんな時はちょっとトイレへ

鏡でお顔のチェックをします

 

なるほど確かに引きつってる^^

鏡の前で口角を上げてみると

笑えるような引きつり笑いの出来上がり

ひどい顔だわ

 

そんな変顔(のつもりはないけど)見てると

ちょっと笑えてきて

いつの間にか自然な笑顔もできるようになってきます

何より気分がちょっとリフレッシュできるんでしょうね

 

その後は

気持ちを入れ替えて仕事が出来ました

 

リフレッシュって結構大事

わたしの場合

今日やった『鏡で笑顔』の他に

『飲み物を飲む』

『あめをなめる』

『いい香りのハンドクリームを塗る』

とかがあります

 

こんな簡単なことでも

煮詰まってた気分がちょっと紛れるんですよね

 

 

 

自分なりのリフレッシュ法

いくつかレパートリーがあるといいですね

こういう時に助かります

 

 

みんなどんだけトイレ近いねん

f:id:kurumi-botan:20170302234701j:plain

 

たぶん来週には

桜が咲くでしょうね

 

なんだか春目前になって

冬に逆戻りの寒い日が続いてて

少し暖かくなってた分

余計に寒さを感じますね

 

 

先日、友達に会った時

友達のおウチにお迎えに行って

目的地に着くまで

たぶん15分くらい

 

着いたらいきなり

『トイレ行ってくるっ』・・・て

そしたら、わたしも!わたしも!って

賛同者続々

みんなどんだけトイレ近いねん

 

ウチ出る前も行ったんでしょっての

 

もうねぇ

みんなこんな感じです

 

わたしもさっきトイレ行ったのに

また行きたくなるってことは

しょっちゅうで

 

行きたくなるのに

トイレに行って座るとあんまり出ないとか^^

 

 

だから

トイレに行きたいって思ったら

これ、本当に行きたいのか

気のせいなのか

しばらく考えます

身体の声にも耳をすまして

 

で、やっぱりそう!

これはホント!って思って初めてトイレへ

座ってみてホント(ちゃんと出た)だったら安心するという・・・

 

 

これも身体の機能が低下してるんでしょうかねぇ~?

こういう身体の変化はせつないですねぇ

子どもにはギブ&ギブでいたい

f:id:kurumi-botan:20170316164630j:plain

 

 

わたしのまわりに

将来、自分の子どもに面倒みてもらう前提で考えてる人が複数います

 

それって普通の考え方なのかもしれないけど

わたしと夫は

そうは思ってなくて

 

子どもに面倒みてもらうってのとは真逆で

子どもには迷惑かけたくないと思ってて

 

たとえば

おじいちゃん、おばあちゃんの面倒を

お父さん、お母さんがみたでしょ

だから

お父さん、お母さんの面倒も

あなたがみなさいよ

っていうの・・・

なんかイヤなんです

 

子どもが自分でそうしたいっていうんなら

ありがとうって話になるかもだけど

 

最初からそこをあてにして

そうするのが当たり前って思いたくない感じ

 

子どもの選択を自分たちの都合で狭めたくないっていうか

子どもの足かせになりたくないんですよね

子どもには自由にやってほしい

 

子どもは子どもの人生があって

親の所有物ではないから

 

だから

子どもに面倒みてもらう前提の人には

ちょっと違和感を感じるんですよね

 

中には

そのために子どもを何人も産むんでしょって言った方もいます

そのために育てるんでしょって

 

そのためなのかなぁ

わたしの子どもはもう

成人してますが

もう今は育児の期間は終わったので

自由に好きなように生きて行ってほしいと思ってます

決してひもを結んで手綱を握ってる感覚はありません

 

子どもを授かった喜び

成長を見られた喜び

一緒にいろんな思いを経験できた喜び

成人して立派に育ったなぁって思わせてくれたこと

 

子どもを授かったことで

たくさんの経験をさせてもらいました

 

そういうことでいいんじゃないかなぁと思うんです

これからも大切な家族に変わりはないけど

どこで何をしていても

元気で幸せでさえいてくれれば

それだけで充分だと思います

 

育児に見返りは求めてないんですよね

ギブ&ギブです

っていうか

抱えきれないほどのモノはもうすでにもらってますし

 

キレイごとでしょうか?

わたしはそう思うし

同じように思ってくれる人が夫で

本当に幸せだと思います

 

 

きっと

わたしや夫みたいな考え方の方が少数派なんでしょうけど

 

ウチはそんな家族です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鉄剤切れて頭痛が復活したかもしれない

f:id:kurumi-botan:20170302234642j:plain

 

鉄欠乏性貧血の治療で半年間

鉄剤を服用していたのが切れて1ヶ月

 

最近、頭痛が続くなぁ~って

ゆううつに思ってたんだけど

原因はもしかしたら

鉄剤が切れたからかしら?

 

毎日、痛み止めを飲むほどではないけど

頭がずんと重い頭痛があります

 

夏場にまた会社の定期検診があるので

そこで血液検査の結果がでるだろうとは思ってるけど

それまで耐えられるかどうか

 

鉄剤飲んでる時は調子良かったのになぁ

 

体の中には貯えられてる鉄分もあって

半年飲み続けた鉄剤のおかげで

鉄の貯えもしっかりあるはずなのに

体の不調があるとすると

ちょっとイヤだなぁ

 

 

『おばあちゃん』って呼ぶとマズイ?

f:id:kurumi-botan:20170302234623j:plain

 

 

 10年くらい前

出会った還暦過ぎの女性

 

話してる時に

『夜道は怖い』っておっしゃってて

最初『どういう意味?』って思ったんだけど

そのうち

女性として怖いってことがわかって

 

その時は『そ~んなことないでしょ~?』って

失礼ながら内心思っちゃったんだけど

10年たって

いまはちょっとわかる

 

だっていまどき

60才なんてまだまだお若いもの

 

わたしが小さいころの60代の女性って

ザ、おばあちゃんって感じだったけど

いまは皆さん若くしておられるもの

 

前に

おばあちゃんお二人が

『「おばあちゃん」って話しかけられて、誰に言ってるのかと思ったら

わたしのことだったのよ~』って笑って話してるのを見て

見るからにおばあちゃんなのに自分ではそうは思ってないんだぁって

驚いたことがあります

 

他にも『「おばあちゃん」って呼ばれたけど、あんたのおばあちゃんじゃないっていうのよ』

って不満そうに言ってるのも聞いたことがあります

 

いまどき

簡単に『おばあちゃん』って言わない方がいいのかもしれませんね

 

高齢の女性でも

『おばあちゃん』じゃないわよ!って思ってらっしゃる方

少なくないのかもしれません

 

たとえ60代でも

70代でも80代でもね

もちろん、その上も

 

高齢の女性を呼ぶときは

お名前で呼ぶか

そちらの女性の方って感じで呼ぶのがいいかもしれませんね

 

男性に対しても同じはずだけど

男性にはつい『おじちゃん』って言っちゃう

これも性差別ですよね

 

男性も女性も関係なく

ちゃんと名前で呼ばなきゃいけないですね 

 

ちなみに

知り合いが高齢の方の集まるグループで聞いた話

みんなでニックネームで呼び合おうってことになって

男性も女性も

ご自分の名前をちょっともじったかわいらしい呼び方で

呼ばれたいっておっしゃる方が多くて驚いたそうです

 

高齢になっても

親近感のわくようなフレンドリーな呼び方で

呼んでもらいたいって方がいらっしゃるのかもしれません

 

 

 

ふるえる指先・・・年のせい

f:id:kurumi-botan:20170302234653j:plain

 

 

いま、マウスを握っているこの指先

かすかにふるえております

はい、年のせいです

 

 

しむけん師匠の伝説キャラクター

ひとみちゃん

通称ひーちゃんが常にふるえているのは

ご存知の通り

 

むかしはただただおもしろかった

ひーちゃんが

40代後半になってまさか

あるあるになるとは

 

あるよね~ひーちゃん

ふるえてるつもりはなくても

ふるえてしまうんだよねぇひーちゃん

 

 

まだ腕全体とか

頭全体とまではいかないけど

指先はキテルんです

 

とくに人差し指

力をいれないと静止はできない

 

なんでなんだろう~?

はい、わかってます

年のせいです

 

大切な何十年来の友達と会ってきました

 

f:id:kurumi-botan:20170302234625j:plain

 

 

久しぶりに友達に会ってきました

去年の秋以来だから半年ぶりぐらいかな

 

もう半年なんて、あっという間

次もし半年あいたら

それでもう一年たっちゃう

 

年をとるの早いはずだわー

 

この年になって友達と話してて思うのは

やっぱ、友達とは気が合うわーってこと

 

 

職場とかお付き合いの場とかでは

ちょっと気が合うかな?って思えたらいい方で

まずは気が合わないっていう前提で

付き合ってた方が良かったりするでしょ

 

ある意味ドライに付き合っていかないと

コトが運ばなくなるので

 

気が合うから一緒にいるワケじゃなくて

職場とか何かのグループとか

一番の目的があって

たまたま一緒になってるだけだから

って思って

 

ん?それはちょっと違うんじゃない?って思うことがあっても

ガマンしたりするもんね

 

 

それが何十年も一緒にいる友達だと

気が合うから何十年も一緒にいるんだなぁ~ってつくづく思う

職場にそんな人はいません

当たり前だけど

 

 

職場やグループで難しいなぁって思う人間関係の問題

『これ言わないとわかってもらえないのかなぁ、でも言葉にするのは難しいなぁ』

ってことも

 

友達だと当たり前のように

そこを飛び越えてきてくれるから

説明しなくても感覚で『そうだよね~』ってなるのがホントありがたい

 

 

だからたまには友達と話したくなるんだろうねぇ

 

いまやってる朝ドラの『べっぴんさん』も

元は女子学生のお仲間達のお話で

おばあちゃんになった今でも

きゃっきゃ楽しそうにしてる

 

きっと私たちも

ああなるんだろうなぁ

女の子がオバちゃんになって

おばあちゃんになっても友達ときゃっきゃしてたいな

そのためには健康で長生きしなきゃね