読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ブス』から『キレイ』まで40年かけて到着?

f:id:kurumi-botan:20170316164625j:plain

 

 

 わたし

中学生の頃

部活の練習試合か何かで他校に行って

ひとりで男子2人の前を通り過ぎようとした時

『ぶっす~~』って

言われたことがあって

 

自分でもわかってはいたけど

すっご~~~~~~~~い

ショックだったんですよね

 

今も覚えてるくらいだから

よほどのショックで

そりゃあもう傷ついたんです

 

どうして見ず知らずのわたしが

ただ通り過ぎるだけの瞬間に

わざわざそんなひどいこといわれなきゃいけないのか

そんなにわたしはひどいのかと

落ち込んだんです

 

 

でもね

そんなわたしが

大人になって30代くらいから

『美人』とか『キレイ』とか

たま~~~~~に

ですけど

言われるようになったんですよ

 

あの中学生の多感な時に

『ぶっす』と言われたわたしには

ミラクルなこと

信じられないことで

最初は耳を疑って何かの間違いだろうと思ったんですけど

何回かそんなことがあると

今はありがたくお言葉を頂戴しております( ̄▽ ̄)

 

 

でね

なんで『ぶっす』なわたしが

まれにでも『キレイ』って言われることができたかと考えると

『キレイ』をあきらめてないからだと思うんすよ

 

年はもうオバちゃんだけど

すっぴんで外に出るとか

部屋着で外に出るとか

そんなことしたことないし

家の中でも恥ずかしいカッコはしないようにしてるし

 

メイクも髪もカッコも

出来る範囲でお金も時間もかけてます

 

もとの素材がさみしいんで

時間をかけて(40年以上^^)少しずつ

人並みになれるよう

絶えず努力を重ねて参りました

 

その結果

まれにとはいえ『キレイ』と言われる

こともあるようになりましたー

 

なので

いまもし自分の容姿に自信がもてない

わたしなんか・・・って思ってるアナタ

 

長期戦になるけど

だいじょうぶ!

あきらめさえしなければ大丈夫です!

 

見下してたやつ追い越して

見返してやれる日がきっとくるから

あきらめないで

長期戦でいきましょう

 

その途中で

もとの素材が良くても

脱落していく人は必ずいます

いや、べつに脱落しても

そこにそんなにムキにならないでもいいんだけど

コンプレックス持ってるなら

いつか挽回できるように

あきらめないで

前に進んでいきましょう!

ねっ!